Huluはなぜ凄い?動画配信の基本を変えた定額見放題!

動画配信サービス「hulu」公式サイトはこちら

Huluはなぜ凄い?動画配信の基本を変えたサービス

国内だけでも動画配信サービスは多数ありますが、中でもおすすめできるのがHuluです。
人気の映画やドラマ作品が見放題であり、パソコンやスマートフォンから簡単に視聴できます。
サービス内で取り扱われている作品数が多く、ジャンルも幅広いため人気を博しているのです。

 

Huluとはどのようなものか?

インターネットを使った動画配信サービスがHuluです。
ユーザーは月額料金933円で、好きな動画がいつでも見放題となります。
初期費用や年間費などは、一切かかりません。
インターネットにつながっているデバイスであれば、パソコンやスマートフォン以外からでも利用できます。
大きなテレビにつなげれば、迫力あるシーンを楽しめるでしょう。
インターネット対応であれば、ゲーム機でも問題ありません。
ちなみにHuluは、今から7年前にサービスがスタートしました。
スマートフォンの普及が本格的に広まった時期でもあったため、当時大きな話題を呼びました。
一定の月額料金を支払い好きな動画を楽しめるサービスが、それまではあまりなかったのです。
Huluは動画配信サービスのパイオニア的な存在であり、基本を変えたサービスなのです。
また日本国内だけではなく、海外のユーザーも多いです。
アメリカにある運営企業の発表によると、有料会員数が1,700万人を突破したとのことです。
総会員数は5,400万人以上であるため、凄いと言う人が多いのでしょう。

 

huluの公式サイトはこちら⇒hulu

Huluで視聴できる動画作品のジャンル

様々なジャンルの動画が視聴できますが、特に人気が高いのが映画とドラマです。
誰もが知る有名作品はもちろん、話題の最新作も取り扱われているためです。
邦画と洋画にジャンルが分かれているため、作品を検索しやすいでしょう。
さらにHuluは日本国内のあるテレビ局と提携しているため、放送されたドラマ作品、またバラエティ番組の動画の配信に積極的です。
見逃してしまった場合でも、Huluがあれば再度楽しめるでしょう。
ドラマと映画以外には、アニメ作品の数も多いです。
知名度の高い国民的作品、親子で楽しめる子供向け作品などがあります。
いわゆるオタク層向けの深夜アニメ、また映画化された作品も配信されています。
リアルタイム配信されている動画もあり、スポーツの試合中継が楽しめることも特徴です。

 

Huluのメリットとデメリットについて

まずメリットですが、気軽に利用できることです。
上記でも触れましたが、月額料金933円は安くて気軽と言えるでしょう。
1日あたり約30円であり、レンタルビデオショップに通うより安く済むはずです。
一方デメリットですが、電波状況が悪いところでは利用できないことです。
インターネット配信であるため、電波状況に大きく左右されてしまいます。
しかし自宅の中はもちろん、街中などでは心配ないでしょう。
外出先でも好きな作品をチェックできるため、利便性は高いです。
もし動画の再生ができない場合、場所を変えて再度試すと良いでしょう。

 

huluの公式サイトはこちら⇒hulu

Huluを利用したい人は会員登録をしよう

会員登録の方法は簡単であり、パソコンかスマートフォンから行えます。
まずHuluの公式サイトにアクセスしましょう。
トップ画面をチェックすると、今すぐ無料でおためしというボタンが表示されているはずです。
クリックすると、アカウントの新規登録画面に移ります。
最初にメールアドレスとパスワードを決めてください。
メールアドレスはフリーのもので問題ありませんが、迷惑メール設定になっていないか注意しましょう。
パスワードも複雑なものにして、忘れないようにメモに残しておきましょう。
後は必要な個人情報を入力し、支払い方法を選択するだけです。
運営から届けられた入会のメールは、削除せず保存しておくと良いでしょう。

 

好きなときに好きな動画を楽しめることが、テレビにはないHuluの魅力です。
今までレンタルビデオショップがメインだった人は、この機会にHuluに切り替えてはいかがでしょうか。

 

動画配信サービス「hulu」公式サイトはこちら